ウォーターサーバーが便利と言われている5つのポイント【厳選】

ウォーターサーバーが便利と言われている5つのポイント【厳選】

今ではかなり多くの家庭や会社内に、ウォーターサーバーが導入されるようになりました。「ウォーターサーバーは便利だ」といった声が多いことから、「我が家にも導入しよう!」と検討される方もいることでしょう。

便利と一口に言っても、利用される環境などによって便利と感じるポイントは違ってきます。ここでは、実際にウォーターサーバーを導入された人の口コミなどを基に、便利と思えるポイントを厳選して説明します。

便利ポイントその1. 「おいしい水がいつでも手軽に飲める」

1番の便利ポイントは、おいしいお水をいつでも飲めることでしょう。自宅やオフィスにウォーターサーバーを導入し、注文して届いた専用ボトルを設置すれば、すぐにおいしい水が飲めるようになります。

ウォーターサーバーで取り扱っている主流の水は「天然水」と「RO水」の2種類。どちらの水も水道水のようなカルキ臭いはなく、安全で飲みやすい水となっています。

ボタンを押せばすぐに安全で美味しい水を飲めるといったところに、便利と思う人が多くいるのです。

便利ポイントその2. 「珈琲やお茶をさらに美味しく淹れられる」

すでにご存じの方も多いかもしれないですが、ウォーターサーバーは水だけではなくお湯も出すことが可能です。出てくるお湯の温度は、珈琲やお茶を作るのに最適な80~90程度。かつ、ボタンを押せば瞬時に出るためお湯を沸かして適温まで冷ますといった労力も必要なし。

便利ポイントその3. 「料理もさらに 美味しく作れる」

ウォーターサーバーの水を料理に使う方はとても多くいます。とくにお米を炊く際に使う方が多い傾向。洗う前のお米は乾燥状態で、水をつけた瞬間に水分を多く吸収しようとするため、水の味や臭いまで吸収してしまうのです。水道水は残留塩素の臭いやカルキ臭があり、お米に移ってしまう可能性が。ホカホカに炊き上がったお米からカルキ臭がしたら残念ですよね?

その点、ミネラルを含んだ水で料理をすると、まろやかでより美味しい味を引き出すことができるためオススメ・便利と言えるでしょう。

便利ポイントその4. 「赤ちゃんのミルク作りに」

ミルク作りのために、ウォーターサーバーを導入されている人が多くいます。粉ミルクを作るときの適温は70~80℃程度だと言われています。

水道水で作る場合には1度お湯を沸かし、ある程度まで冷ます必要があります。そこから粉ミルクを調乳し、赤ちゃんに飲ませるため、40℃(適温)まで冷ます手間や時間がかかるのです。1回だけであればまだしも、1日に数回が何回も続くことを考えると大変ですよね?

その点ウォーターサーバーは、ボタンを押した時点でミルク作りに適した温度のお湯が出るため、大きく時間短縮でき便利と言えます。

便利ポイントその5. 「定期的に水を宅配してもらえる」

ここまでで紹介してきた便利ポイントも、わざわざ外出をして重たい水を持ち帰るとなったら「じゃあいいや!」という気持ち的になってしまうかもしれません。

しかしウォーターサーバー契約をすると、定期的に希望するボトル本数を宅配してもらえるようになるため、わざわざ買いに出る必要がありません。専用ボトルは2本から宅配する会社が多く、ボトル1本あたり7~12リットルなのがほとんど。使用する量に合わせて、宅配をしてもらえるところに便利と感じる人が多いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?ウォーターサーバーが便利と言われているポイントを、厳選して5つ紹介してきました。冒頭でもあったように、利用環境や使う人によって便利と思うポイントはさまざま。今回の内容を、ウォーターサーバーを検討する際の参考とし、自身にあったサーバーが選べるようにしましょう。

ウォーターサーバー初心者ガイド事務局
About ウォーターサーバー初心者ガイド事務局 7 Articles
ウォーターサーバーに関する知識がなくて、契約をしたいけど今いっぽ振りきれない!そんな方に、最低限おさえておいてほしいウォーターサーバーの知識を紹介します。